額や頭頂部の髪の毛が薄くなるAGA治療方法

subpage01

男性で額の生え際が後退したり頭頂部の髪の毛が薄くなる人がよくいますが、こういった薄毛は男性ホルモンが髪の毛の成長を妨げるためにおこります。男性ホルモンは毛根に存在している酵素と結びつくとジヒドロテストステロンという物質に変化するのですが、ジヒドロテストステロンは髪の毛を発毛させにくくしたり、生えてきた髪の毛の成長を止める働きをします。



そのため男性ホルモンの分泌が多い体質の人は、髪が生えにくくなると共に生えてきた髪の毛も短期間で抜けてしまうので薄毛になるのです。

さらに身近になった日本経済新聞の情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

額や頭頂部の毛根は男性ホルモンの影響を受けやすいため薄くなるのです。
このような男性ホルモンによる脱毛症の事を男性型脱毛症、もしくはAGAと呼びます。

AGA治療はプロペシアという薬を用いて行ないます。

プロペシアは男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変化するのを防ぐ働きをするため、抜け毛を予防して髪の毛を増やす事に役立っています。

プロペシアはAGA治療を行なっている薄毛外来などがあるクリニックで処方を受けられます。その他には自分の髪を植毛する方法もあります。

男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部や即頭部の毛根の組織を、額や頭頂部に植えつける方法です。

毛根はそのまま定着して髪の毛を生やしていくので、薄くなった部分も他の部分のように髪の毛を生やす事ができます。

また女性も受けられるAGA治療としてはハーグ療法があげられます。
人間からとった細胞成長因子を使って弱った毛根を活性化する方法で、とても発毛率が高い事で知られています。