AGA治療について考える

subpage01

AGAとは、男性型脱毛症とも呼ばれ、薄毛やきれ毛の症状がみられます。
原因は男性ホルモンといわれており、男性ホルモンが血中から毛根に侵入し、酵素と結びつくと悪玉男性ホルモンに変わります。



この悪玉男性ホルモンが、髪の毛が生えるサイクルを乱してしまい、まだ育っていない産毛の状態でも、髪の毛が抜けて生え変わる信号を出し、抜け毛となるのです。

髪が太くならず、未熟な細い髪ばかりが増えていき、次第に地肌がみえはじめていく症状が現れます。


男性ホルモンの分泌が活発な10代や20代の若い方にも、症状がでるのが特徴で、遺伝によるところが大きいです。AGAは、放っておくと進行が進みますので、早期にAGA治療を行う事が大切です。


AGA治療として有効なものに、内服薬があります。


厚生労働省が承認した薬もあり、高い効果がみられているため、AGA治療を行っているクリニックでも、一番使用されている治療法です。

コトバンクが広く知れ渡ってきました。

こちらの薬は、血中から毛根に侵入した男性ホルモンが、悪玉男性ホルモンに変わるのに作用する、酵素の働きを抑える効果があります。
また、塗り薬も併用するとより高い効果がみられます。

頭皮の血流を良好にし、毛母細胞を活性化する効果がある薬が、人気を集めています。



その他にも、髪にストレスがかからない生活をおくる事が、大切といえます。喫煙や過労、睡眠不足は、健康を阻害し、髪にも悪影響があるため見直す必要があります。
AGAは進行型の脱毛症なので、セルフケアでは症状は改善しませんので、早期に専門医へ受診し、服薬などの治療を始める事が大切です。