薄毛の原因についての考察

subpage01

薄毛とは誰にでも起こりうる症状です。



薄毛は頭髪の量が減り地肌が見えてしまう状態で、髪の毛の本数は変わらず細くなる場合と髪の毛が抜け落ちることで本数が減る場合があります。

髪の毛の本数を平均で約10万本と考えた場合、1日に50本から100本は自然に脱毛していますが、150本以上脱毛しているとなると病的な抜け毛であると考えられます。
主な原因として考えられるのは老化、不規則な生活、栄養不足、ストレス、過度のダイエットなどがあります。

他にも一般的に考えられている説は、血液循環不良説、男性ホルモン説、脂漏説、頭皮緊張説があります。


血液循環不良説とは、髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養分を補給するため血液の循環が悪くなることで、栄養分が髪の毛まで行きわたりにくくなるので、髪の毛の成長が妨げられ抜け毛が増えるという説です。

男性ホルモン説は、遺伝的に男性ホルモンに影響される感受性の持つ人に見られ、男性ホルモンの影響で毛乳頭の細胞分裂が進まず、髪の毛が抜けてしまう説です。

脂漏説とは、皮脂が必要以上に分泌されることで、毛穴が詰まり炎症を起こしてしまい抜け毛の原因となる説です。


頭皮緊張説とは、成長などにより頭皮がつっぱり頭蓋骨と頭皮の血管を圧迫してしまい、毛乳頭細胞の活性が妨げられ髪の毛が抜けてしまうという説です。

最近何かと話題のコトバンクの情報も多数ご用意しました。

以上の説などは薄毛の原因として考えられていますが、これらの内どれか一つだけが原因となっているとは限りません。

複数の要因が重なり、薄毛を引き起こしている可能性も十分に考えられるので、どれが自分に当てはまるかを考え対策をしていくことが重要です。